ブログ

YouTubeのバンパー広告について
YouTube
2020.05.01
YouTubeのバンパー広告について

動画配信による広告を考えているけれど、何とかリーズナブルな価格で実現したい・・・

そんな悩みのお持ちの方にぴったりなのが、YouTubeのバンパー広告です。

20165月にリリースされたYouTubeのバンパー広告について、概要から入稿規定まで詳しくご紹介します。

1.YouTubeのバンパー広告とは?

Googleによって「動画広告の俳句」と表現されたバンパー広告は、YouTubeにおいて6秒以内の動画で配信させる短尺の動画広告フォーマットです。

このような短尺のフォーマットをYouTubeが取り入れた背景には、1849才のユーザーの半数がスマホでYouTube動画を視聴しているというのがありました。

バンパー広告は他に

・インストリーム広告である

・スキップができない

CPM(インプレッション単価)

などの特徴があります。

2. バンパー広告の配信目的について

YouTubeのバンパー広告は、主にターゲット顧客の認知度向上を目的として配信されます。

なぜなら、バンパー広告は幅広いターゲット顧客にリーチできる一方、ディスプレイ広告などとは違い獲得数を直接増やすことは期待できないからです。

そのためバンパー広告の運用では、どれだけ多くのターゲット顧客に広告を配信できたかが指標となります。

もしYouTubeのバンパー広告の配信を考えているのであれば、その目的や指標を見誤らないように注意しましょう

3. バンパー広告のメリット・デメリット

YouTubeバンパー広告の概要と目的をご理解いただいたところで、次はバンパー広告を配信するメリットとデメリットについて考えてみましょう。

まずデメリットからご紹介します。

バンパー広告のデメリットについて

バンパー広告のデメリットは、バンパー広告にはクリックできる場所が少ないため、ユーザーを他のサイトに遷移させるには不向きということです。

これには6秒という短尺なのも影響していると言えるでしょう。

メリットもご紹介します。

バンパー広告のメリットについて

1つめは、ターゲット顧客が広告に集中できるということです。

TrueView広告の場合はスキップボタンを押すことができますので、ターゲット顧客がそのことに集中してしまい、あまり広告が印象に残らない可能性があります。

しかしバンパー広告にはスキップボタンはないのと6秒という短尺のため、ターゲット顧客は広告に飽きずに集中できるのです。

2つめは、メインとなるメッセージがターゲット顧客に伝わりやすいということです。

バンパー広告は6秒という短尺のため、どうしても伝えたいことは1つに絞る必要性が出てきます。

そのため訴求ポイントを絞った広告となり、イメージが残りやすくなるのです。

3つめは、ブランディングに適していることです。

YouTubeのバンパー広告は6秒という尺の短さからターゲット顧客に与える不快感は少なく、広告を見てもらいやすいという特徴があります。

そのため、インパクトのある内容を盛り込めばそれがブランディングにもつながると言えます。

YouTubeのバンパー広告は目的を考え、ワンメッセージにこだわって制作すればとてもメリットが大きく、効果の高い広告ということなのです。

4.バンパー広告の効果を高めるコツとは?

ここまでの内容を読んで、YouTubeのバンパー広告をどうせ活用するなら、最大の効果を発揮するような動画を配信したいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。

YouTubeのバンパー広告で効果を最大化するコツは3つあります。

1つめは、1つの動画には1メッセージに絞って動画を作ることです。

YouTubeのバンパー広告は6秒という短い尺なので、いくつもメッセージを詰め込んだのでは印象が分散化されてわかりにくくなってしまいます。

できるだけメッセージは、短い言葉でわかりやすく伝えましょう。

2つめは、視覚情報をできるだけシンプルにすることです。

これについては「余計な情報をできるだけそぎ落とす」という感覚で行うのが望ましいでしょう。

3つめはシリーズ化することです。

同じ訴求を複数のバンパー広告でターゲット顧客へ行うことにより、1つのバンパー広告をむやみに配信することなく好感度を高めることができます。

4.バンパー広告の入稿規定と費用について

YouTubeバンパー広告の入稿手順は、Google広告ヘルプに次のように記載されています。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ページメニューで [キャンペーン] をクリックし、ブルーのプラスボタン  をクリックして [新しいキャンペーン] を選択します。
  3. キャンペーン タイプとして [動画] を選択します。
  4. 目標として [ブランド認知度とリーチ] を選択するか、目標を設定せずにキャンペーンを作成します。
  5. [認知度(標準)広告のリーチを広げ、インプレッションや視聴回数を高める] キャンペーン サブタイプを選択します。
  6. キャンペーン名を入力します。
  7. 予算を設定します。ネットワーク、ターゲットにする地域、ユーザーの言語、およびその他の詳細設定を選択します。
  8. [入札戦略] [上限インプレッション単価] に設定します。
  9. 広告グループ名を入力します。
  10. 10.上限インプレッション単価を入力します。
  11. 11.[動画広告を作成] YouTube 動画(長さは 6 秒以下)の URL を入力し、手順に従って動画広告を作成します。
  12. 12.[動画広告フォーマット] [バンパー広告] を選択します。
  13. 13.動画の最終ページ URL、表示 URLURL オプションを入力します。
  14. 14.動画のコンパニオン バナーを自動生成(推奨)するか、画像をアップロードするかを選択します。
  15. 15.広告名を入力し、[保存して次へ] をクリックします。

引用元URLhttps://support.google.com/google-ads/answer/6324971?hl=ja

この手順に記載のあるインプレッション単価ですが、広告が1,000回表示されるごとに料金が発生する形です。

CPMによって金額は変わります。

5.バンパー広告について相談したい場合は?

ここまでの内容を参考にしてYouTubeのバンパー広告に前向きな気持ちになってきたけれど、一人で何もかも進めるのは不安という方もいらっしゃるでしょう。

そのような時はバジンガ株式会社にご相談ください。

https://bazinga.co.jp/

バジンガ株式会社は映像制作の専門会社ではありません。

ノウハウを武器にターゲッティング、マーケティングなどお客様のニーズに合わせた幅広い視野での広告提案で「集客」を実現してきました。

もし付加価値の高いバンパー広告をお望みであれば、ぜひバジンガ株式会社へお声がけください。

6.まとめ:YouTubeのバンパー広告について

YouTubeのバンパー広告はユーザビリティが下がりにくく、ターゲット顧客の認知度向上やブランディングに役立つのがご理解いただけたことでしょう。

ぜひメッセージを絞った効果的なバンパー広告で、幅広い顧客にリーチしていってください。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます
お気軽にお問い合わせください