ブログ

PR動画の作り方は?PR動画を作る時のポイントをご紹介!
2020.03.02
PR動画の作り方は?PR動画を作る時のポイントをご紹介!

PR動画は、自社サービスを動画で伝えるプロモーション方法です。
動画は情報の量が多く、視聴者とビジョンを共有できるためPRに非常に向いています。
本記事では、PR動画の作り方やポイントについてお伝えしていきます。

PR動画の作り方について

PR動画を作るには、以下のような方法があります。
・自社で製作する
・映像制作会社に依頼する
・インフルエンサーに依頼する
自社で映像制作の部署があればベストですが、最近はソフトも進化しているのでそれほど経験がなくても、高い品質の映像を作ることができるでしょう。

ソフトは有料のプロ向けのものが高機能な傾向にありますが、無料で使えるトライアル期間を設けている場合も多くあります。
気になったものがあればいくつかインストールして、操作性や機能を比べてみると自分に合ったものが選びやすいですよ。

本格的な広告であれば映像制作会社に依頼するのもいいですし、認知や購入につなげたいならYouTuberなどに依頼してタイアップのPR動画を作るのもおすすめです。

ポイント1.テーマやストーリーしっかりと練る

PR動画を作成する際に、最も大切なことは「動画のテーマやストーリーの構成」だと言えます。
同じPR動画でも、
・サービスのプロモーションをする広告らしい動画
・使い方を分かりやすく解説するHow to動画風の内容
・バラエティ重視の面白企画動画
・製品のイメージを変えるようなリブランディング動画
などの種類があります。

なんのためにPR動画を作るのか?というテーマを決めると、動画の内容も決めやすくなるようです。
たとえば、コスメや日用品のPR動画を依頼するなら、How to系の内容の方が購入意欲は刺激されやすくなります。

自社サービスの特性を生かすためには、どんなテーマが最適なのか?というポイントを考えることから始めると良いでしょう。

ポイント2.ポイントを要所に入れよう

10分以上のPR動画を作る場合、途中で視聴者が離脱しないように、ポイントを定期的に入れるようにするのがおすすめです。
一番重要な話題は最後にして注意を引き付けるポイントを小出しにしたり、複数のアイテムを順番に紹介するようにして、興味の持続をはかると最後まで動画を見てもらいやすいようです。

インパクト重視なら思い切って短時間のPR動画にしてもいいかもしれません。

まとめ:PR動画の作り方は?PR動画を作る時のポイントをご紹介!

PR動画の作り方やポイントをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
動画サイトでは広告よりも長いPR動画で、自社製品やサービスについて伝えることができます。
ただし、時間が長い分視聴者を飽きさせないために、記事中でご紹介したようなテーマ作りなどのポイントを活用することをおすすめします。

お気軽にお問い合わせください