ブログ

宣伝効果が抜群!今こそ企業がTikTokを使うべき理由とは!?
企業向け
2021.02.28
宣伝効果が抜群!今こそ企業がTikTokを使うべき理由とは!?

【記事内容をサキドリ!】
・若年層へ訴求できる!
・競合が少ない今がチャンス!
・グローバル展開も可能!

今やもっとも人気のあるSNSと言えば、10代20代の利用者数が激増している「TikTok」でしょう。

TikTokでは、数十秒の動画の中に歌やダンスを織り交ぜて投稿することで人気のSNSですが、最近では企業の参入も増加傾向にあります。

なぜ、若者向けのTikTokに企業が参入するのか?

それは、TikTokで一度人気が出ると、バズ効果で企業宣伝に大きな影響を与えるからです。

そこで今回は、話題のTikTokになぜ企業が参入するのかを解説します。
1.TikTokでバズれ!企業アピールは歌とダンスで!

まずは基本的なTikTokの使い方についてですが、歌やダンスを織り交ぜて数十秒の動画を投稿します。

もちろん物や曲、映像が流れるだけの投稿もありますが、企業アピールの方法としては、歌やダンスを用いてポップな動画に仕上げるのがバズりやすいです。

なぜなら、TikTokで人気の出ている動画の傾向として、流行りのダンスを誰かが真似る、または新しいインパクトのあるダンスを誰かが生み出すところから爆発的な人気や模倣が生まれます。

つまり、「真似る」か「生み出す」かのどちらかです。

後者は歌やダンスのセンスも必要となってくるため、基本的には前者のように「流行りのダンスを真似る」ことで興味や関心を引くことが可能となります。

大手企業で見られる傾向として、携帯ショップや自動車販売店の従業員がスタッフ全員でダンスする動画が増えています。

地元の方なら「あそこのお店こんな明るいお店なんだ!」とお店のイメージアップにもつながります。

お店のイメージアップにつながるため、飲食店を中心とする個人店などのTikTok参入が増えているのです。
2.今がチャンス!TikTokは競合が少ない!

TikTokを企業が今使うべき理由は他にもあります。

それは、TikTokをやっている企業がまだ目に見えて少ないことです。

TikTokの投稿は10代や20代が多いため、オススメ動画や関連動画として流れてくるのは、若者の投稿動画が多いのが現状です。

そこへスーツを身にまとったサラリーマンや中年の管理職が突然登場してきて、ぎこちないダンスをしている面白さが若者に受けています

だからこそ、そこへ企業の社員が面白おかしくダンスや歌を歌っていると、「この人たち面白いじゃん!」と若者に受け、一瞬でイイねが1,000件以上付くことも珍しくありません

このイイねが1,000件付く現象を他のSNSと比較すると、企業アカウントでInstagramや Facebookで1,000件のイイねは至難の業と言えます。

それをいとも簡単に実現できるのが、TikTokなのです。

TikTokに限らずYouTubeしかりですが、似たような投稿動画は関連動画としてオススメとして一覧に表示されやすい傾向があります。

その機能的な部分を生かして、さまざまな投稿者が出している流行動画を真似してみることで、オススメ一覧に表示させるというテクニックです。

このテクニックを使うことで、競合の少ないTikTokにおいて、いきなりオススメ一覧に表示されて、閲覧数を爆上げすることも可能となります。
3.TikTokは世界共通!グローバル展開も夢じゃない!?

TikTokを使ってみると分かりますが、外国の方のTikTok動画もオススメ一覧に表示されることがあります。

つまり、TikTokはInstagramや YouTubeと同じように世界共通のSNSであり、世界中のユーザーにアプローチすることが可能なのです。

日本産のアニメや漫画、そして動きだけのコミカルな動画が海外でもバズっているように、自社製品やサービスが言語を必要としないものであるならば、それは海外でもバズる可能性があるのです。

YouTubeの「ピコ太郎」の動画がYouTubeでバズったのが良い例でしょう

TikTokにおける企業が参入するメリットは、とにかく投稿した動画がバズることです。

このバズり現象が一度起きることで、企業の認知度や自社製品、サービスの認知度も後追いで上がってきます。

まずは、アレコレ考える暇があるのであれば、社員やスタッフを集めてTikTokの流行り動画を真似てみることをオススメします

不思議なことに、何となく出した動画がバズることもあるため、まずはTikTokへ参入してチャレンジすることが大切です。

まとめ

今回は、話題のTikTokになぜ企業が参入するのかを解説しました。

TikTokは10代や20代向けのサービスと言っても過言ではありませんが、その若者の勢いを逆に利用するのも企業戦略のひとつです。

TikTokを有効活用することで、自社製品や自社サービスの認知度アップにつなげましょう

バジンガでは、そんなTikTokの企業戦略もアドバイスしております!

↓↓↓

BAZICON!(バジコン!)

 

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます