ブログ

TikTokで企業戦略!?企業がTikTokを使って成功した事例3選!
企業向け
2021.03.01
TikTokで企業戦略!?企業がTikTokを使って成功した事例3選!

【記事内容をサキドリ!】

・企業アピールにつながる!

・オリジナル動画はセンスも大事!

・企業TikTokの成功例とは?

 

今や押しも押されぬ人気SNSとなった「TikTok」。

実は、そんなTikTokが企業アピールの場として利用されていることをご存じでしょうか?

大手飲料メーカー「サントリー」、ポッキーで有名な「江崎グリコ」、そして「マクドナルド」。

これらの企業もTikTokに投稿した動画でバズった経験のある成功者たちです。

そこで今回は、TikTokを使って企業アピールに成功した事例を3つご紹介します。

1.TikTokは宣伝効果抜群!?自社商品も認知度アップ!

今や10代や20代を中心として爆発的な人気を誇っているTikTok。

軽快な音楽に合わせて数十秒の動画を投稿できるSNSですが、撮影から編集、そして加工まで簡単にできるのも特徴です。

YouTubeのように自分ですべてのコンテンツを用意して編集する訳ではなく、TikTokのアプリ内ですべて完結するため手軽さもあります。

TikTokの利用者数を見ても、やはり10代や20代が中心となっており、やはり若者向けの音楽やダンスが流行るのでは?と考えてしまう方も多いようです。(MMD研究所調べ:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1726.html

 

しかし、そんなことはありません。

TikTokでのバズる法則は「面白さ」と「真似しやすさ」が挙げられます。

投稿者として求められるのは、いかに面白い歌やダンスなのか、それが誰でも真似できるものなのか、または真似したくなるものなのかということなのです。

実際にTikTokで流行っている動画を見てみると、自己紹介系の簡単なものから、手足を動かすだけの単純な動画が多いのが実情です。

最近よく投稿されているのは、タクシー業界などの中年管理職の方たちが頑張ってダンスしている動画があり、メタボ体型のおじさん達が踊っているのに若い方もイイねを連発しています。

つまり、面白ければ良いというのは立証されています。

 

今がチャンス!TikTokは企業こそやるべき!

↓↓↓

宣伝効果が抜群!今こそ企業がTikTokを使うべき理由とは!?

2.センスも大事!?TikTokでバズるためにはオリジナル要素を入れる!

TikTokでは、どのような動画でもバズる訳ではありません。

バズるためには、前述した「面白さ」と「真似しやすさ」が挙げられます。

現在のTikTokで流行している動画の特徴として、特に企業TikTokの中ではオリジナル要素が強いものが人気が出ている傾向にあります。

このオリジナル要素とは、企業がオリジナルで作成した歌やダンスのことを言います。

流行りの企業TikTokの特徴は、自社商品やサービスを動画の中心として、そこへ音楽やオリジナルダンスを交えて作成されています。

つまり、真似しやすいオリジナル動画を作成できれば、瞬く間に拡散される可能性が高いということです。

 

まさか!?この業種もTikTok?

↓↓↓

こんな業種もTikTokで成功!まさかのTikTok成功企業とは!?

3.TikTokで成功している企業3選!

ここでは、実際に企業TikTokで成功している企業を厳選して3社ご紹介します。

・サントリー

大手飲料メーカー「サントリー」では、商品のプロモーションの一環として、現役アイドルNMB48とのコラボ「ピーカーダンス」を生み出しました。

ユーザーの中から推しTikTokerを選ぶといったコンテストも開催しており、TikTokでも話題を呼びました。

・江崎グリコ

江崎グリコでは、11月11日の「ポッキーの日」に「ポッキー何本分体操」を投稿しました。

この「#ポッキー何本分体操」というハッシュタグを付けた動画の中から、実際に渋谷の街頭にてビジョン投影されるイベントを開催しており、TikTokでもポッキー何本分体操の投稿が相次ぎました。

・マクドナルド

マクドナルドと言えば、マックフライポテトが揚がった際に鳴る「ティロリ ティロリ」という音で有名ですが、そのティロリという音をモチーフとした「ティロリチューン」チャレンジを開催しました。

このティロリという音に合わせて、500円のバリューセットを食べるという動画であり、総再生数は1億回を突破しています。

 

TikTokの企業アカウントを作ろう!

↓↓↓

「TikTokの企業アカウント!成功する3つの方法とは?」

まとめ

今回は、TikTokを活用して企業アピールに成功した事例3社をご紹介しました。

オリジナルのダンスを生み出すことまでしなくても、今TikTokで流行っている動画を社員みんなで真似て踊ってみるのも効果的です。

役職の高い人が出演しているほど面白さも増すため、企業アピールしたいという方は、ぜひTikTokにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます