ブログ

バジンガ流|YouTubeのVSEO対策とは?VSEO対策の概要についてご紹介
2019.12.10
バジンガ流|YouTubeのVSEO対策とは?VSEO対策の概要についてご紹介

「YouTubeの検索結果で上位に表示させたい!」
「どういったアルゴリズムでYouTubeは順位を決定しているのか?」
YouTubeは今や単なる動画配信サービスではなく、企業が商品の販促・PR。
サービスの認知度向上の為にも使用するプラットフォームとなっています。

従来はWEB上で動画による宣伝方法というのはあまり使われてきませんでした。
しかし、時代の流れとともに活用する企業も多くなってきており、いかに効率的に動画配信をするかが求められてきています。

そこで本記事ではYouTubeの検索結果において、より動画が掲載されやすく、上位表示する為に必要な「VSEO対策とその概要」についてご紹介します。

VSEO(Video Search Engine Optimization,VideoSEO)対策とは?

VSEO対策とは、動画プラットフォームの検索結果において、ユーザーが検索した検索キーワードで上位表示させる為の施策を指します。(現在のVSEO対策は主にYouTubeでの対策を指す事が多い。)
また、VSEO対策はGoogleのユニバーサル検索枠に、ユーザーが検索したキーワードと関連した動画を掲載されやすくする施策も指します。

コレがバジンガ流VSEO対策!

VSEO対策ではテクニック的側面のみを考えられる方や、企業が多く存在します。
しかし、VSEO対策の本質とは何かを考えた際に、いかにユーザーに満足してもらえる動画を作成するか、そしてその動画をいかにして多くの方に見てもらえるかという視点が大切です。
テクニックだけで上位表示させた動画がユーザーに価値を与えないものであった場合、一時的に上位表示ができたとしてもすぐ淘汰されてしまう事でしょう。

VSEO対策とSEO対策の違いは?

Googleの検索エンジンへの対策の事をSEO(Search Engine Optimization)対策と呼び、検索結果で上位表示させる施策の事を指します。
一方でVSEO対策(Video Search Engine Optimization,VideoSEO)は、主に動画プラットフォームで上位表示させる事を指します。

Googleの自然検索結果で上位表示させるか、動画プラットフォームで”主に”上位表示させて露出させるかという違いがあります。
※”主に”という記載の理由として、VSEO対策をする事によって自然検索でのヒットも可能になるため。

本質的なVSEO対策をする為には?

YouTubeはご存じの通りGoogleが所有しているのですが、Googleが何を大切にしているのかを知る事は本質的なVSEO対策に繋がってきます。
では、Googleは何を大切にしているのか?それは「ユーザーファースト」です。

Googleの企業理念である「Googleが掲げる10の事実」のひとつ目にでてくるのが「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」というもの。
Google内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきたという記述がされており、実際にGoogleの検索エンジンはユーザーに価値が与えられるように度重なるアップデートを行っています。

ペンギンアップデートやパンダアップデートと呼ばれる検索エンジンの大きなアルゴリズム変更によって、検索エンジンを騙すような、テクニックに頼ったSEO対策が通用しなくなりました。

SEO対策の歴史から推測するに、VSEO対策でもこれから同じような事が起き、本質的なVSEO対策をしなければ長く評価される事はないでしょう。

本質的なVSEO対策の為には随時YouTubeの公式で発表される情報をキャッチし続けて情報を追い求める必要があります。
また、テクニック的要素のVSEO対策だけではなくユーザーに価値ある動画を作るにはどうすればよいか?という本質的な部分も考えていかなければなりません。

バジンガ流VSEO対策は、今だけしか通用しない一時的な対策ではなく、先も見据えたVSEO施策をご提供できるよう努めております。

参考URL:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

VSEO対策の基本

では、VSEO対策はどのような事を行えばよいのでしょうか?この点は他の記事にて詳しくご紹介しますので、今回はVSEO対策の”概要”について解説します。

タイトルのVSEO対策最適化

タイトルの最適化はVSEO対策で非常に重要です。タイトルの中に対策したいキーワードを入れることによって、ユーザーが特定のキーワードを入力した際に動画がヒットするようになります。
いかに魅力的なタイトルにするかという点もアクセスに影響しますので大切です。

説明文のVSEO対策最適化

タイトルに対策キーワードを入れる以外に、説明文の中に対策キーワードを入れる事も重要です。
また、アップロードしている動画がどのような動画なのかを分かりやすく記載しましょう。
YouTubeは動画の説明文からも内容を把握し、検索順位に影響を及ぼしますので、タイトルと説明文は動画と関連付ける必要があります。

タグのVSEO対策最適化

YouTubeの動画をアップロードする際に入力するタグもYouTubeの検索結果に影響を及ぼします。
アップロードする動画の内容を示す単語、関連している単語をタグに入れるようにしましょう。

アップロードする動画と同じようなカテゴリで再生数が多い動画ではどのようなタグが付けられているかを確認することで、それぞれの動画の最適化が可能です。

カスタムサムネイルの設定でVSEO対策

魅力的なサムネイルを設定することによって、検索結果や関連動画に並んだ際に視聴者の目を引き、クリックされやすくなります。

その動画がどのような内容であるかが伝わり、動画の雰囲気を表現しているカスタムサムネイルを設定するようにしましょう。

コメントでVSEO対策

コメント機能でユーザーとコミュニケーションを取る事ができるのもYouTubeのいいところ。コメントは動画に対してプラスのものだけではありません。動画に対しての冷やかしコメントや、厳しいコメントも必ずでてきます。

厳しいコメントなども動画作成の役に立ちますので、動画の品質向上の為に、良いコメントだけではなく、悪いコメントも参考に取り入れるようにすると良いでしょう。

コメントに返信をしていく事でも、コメント機能の活性化が望めるので、可能であれば視聴者から寄せられた質問などに返信すると良いでしょう。

VSEO対策には様々な方法がある

上記で挙げたVSEO対策は一部です。VSEO対策はシンプルでありながら奥が深く、タイトルの最適化ひとつにしても、どのようにして魅力的なタイトルにするのか?キーワードの選定をどうするのか?など考えるべき事はたくさんあります。

VSEO対策を導入することによって、動画の認知に大きなプラスの影響を及ぼす為、VSEO対策をしたい!という方は専門家への相談が近道と言えます。

どのようにして動画によるブランディングをするのか?

個人のブランディングのひとつとしてこれまでWEBで用いられてきたのがBLOGであり、企業が主に行ってきたブランディングは文章メインのWEBメディアでした。

動画のメリットは何と言っても、情報のわかりやすさが挙げられます。
文章のみでは伝わりきらない商品の使い方や商品の質感、大きさなども、動画にする事によって消費者にわかりやすく伝えられる点が最大の利点でしょう。

動画の性質として、ユーザーに与えられる情報量が多くなるので、その分個人や、企業がブランディングしやすくなります。
〇〇と言えばこの人!〇〇と言えばこの商品!というような印象をもってもらう為にVSEO対策でできる事が多くあります。

例えば、サービスや商品の魅力を伝わりやすくする為に、商品やサービスを動画上で実際に使用して、どのように悩みが改善されるのか、生活が便利になるかを具体的に紹介する。
チャンネル登録者数の多いインフルエンサーに商品を紹介してもらう。その際にどのような事を消費者は求めているかをえて企画を行うかがブランディングに繋がります。

商品やサービスの認知度を向上させる為に動画の再生数が増えるVSEO対策は非常に効果的です。

価値が高まるアーンドメディアの立ち位置

皆さんはトリプルメディアという言葉をご存じでしょうか?
マーケティングにおいて知っておくべきトリプルメディアとは、ペイドメディア・オウンドメディア・アーンドメディアの3つから成り立っています。

ペイドメディア

インターネット広告(リスティング広告等)や4マス広告(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)といった、運用に費用がかかるのがペイドメディアと呼ばれます。

オウンドメディア

自社で運用するメディアをオウンドメディアと呼び、自社ブログ・自社メディア・ECサイト・自社発行雑誌がそれにあたります。

アーンドメディア

TwitterやFacebook、YouTubeなどの各種SNSやソーシャルブックマークの事をアーンドメディアと呼び、ユーザーにも情報を発信する力があり、拡散力のあるメディアを指します。

アーンドメディアの中でYouTubeは大きな力になる

先述した3つのメディアは組み合わせる事によってより力を発揮します。特にアーンドメディアの中でのYouTubeの価値というのは年々高まっており、YouTubeを利用するユーザーは若い層だけではなく、老若男女へと広がり、その数も増え続けています。

YouTubeはこれまであったSNSの中でも特に成長する事が予測されており、5年先、10年先も様々な価値を提供していくはずです。アーンドメディアの中でもYouTubeに早いうちから力を入れる事で、YouTube内でのポジションを取ることが可能になるでしょう。

VSEO対策は費用対効果が高い

先ほどトリプルメディアについてお話しましたが、VSEO対策は様々な宣伝手法の中でも費用対効果が高い施策です。
その理由としましては、ペイドメディアは少なくとも広告を出し続ける限りは広告費用として宣伝費が必要となってしまいます。

しかし、VSEO対策の場合は、施策を行い上位表示されている間に再生数は増え、多くのユーザーにリーチさせる事ができます。
そして、動画を視聴してもらう為の広告費用は再生毎には発生しません。

ペイドメディアのリスティング広告はユーザーをサイトに呼びこむ毎にクリック単価が発生してしまいますが、VSEO対策にはそのような事はありませんので、その点で費用対効果が高いと言えるでしょう。

まとめ:バジンガ流|YouTubeのVSEO対策とは?VSEO対策の概要についてご紹介

いかがでしたか?YouTubeのVSEO対策は様々な方法があり、奥が深い。また、YouTubeはトリプルメディアの中でも重要な立ち位置となっており、そのVSEO対策は費用対効果が高いという事でした。

今回はYouTubeのVSEO対策について概要をご紹介いたしましたが、他の記事ではそれぞれのVSEO対策を詳しく解説していますので、よりVSEO対策について知りたいという方は他記事もご覧いただければと思います。

お気軽にお問い合わせください