ブログ

基礎から分かるVSEO対策!押さえておくべき3つのポイント
2020.02.19
基礎から分かるVSEO対策!押さえておくべき3つのポイント

動画投稿サイトとして若者を中心に利用者の多い「YouTube」ですが、単に動画を投稿するだけではなく、動画に広告をはりつけて収益化を図る方も非常に多いです。
また、その他にもYouTubeを集客のためのツールとして使う事例も多くなってきています。

そのいずれにおいても重要なのが「VSEO対策」です。今回の記事では「基礎から分かるVSEO対策で押さえておくべき3つのポイント」について解説していきます。YouTubeで収益化させたい、そしてそれを集客に利用したいと考えられている方は是非参考にしてみてください。

YouTubeをやっているなら知っておきたいVSEO対策とは?

VSEO対策そのものについて他の記事で解説をしているので詳細は省きますが、端的にいうと「動画検索時に自分の動画を上位に表示させるための取り組み」をVSEO対策といいます。

検索結果の上位に自分の動画を表示させると、ユーザーに視聴されやすくなります。ですので、例えば動画に広告を出している方にとってはその対策をするかしないかで収益が大きく変わっていくことも多いようです。

VSEO対策のポイント1:キーワード選定

さてVSEO対策のポイントについて見ていきましょう。まず挙げられるのは「キーワード選定」です。

これは自分の動画をどのような検索キーワードで上位に表示させたいかを考えることです。ここで選定したキーワードは動画のタイトル、説明文にしっかりと盛り込みましょう。
また、タグ付けにもそのワードを入れることも大切です。

YouTubeの検索窓やツールを使用して洗いだしたキーワードは一度エクセルにて管理する事をおすすめします。
事前にエクセルへキーワードを保存しておくことによって、一度に多くのタイトルや企画を行う事ができますよ!

VSEO対策のポイント2:視聴者が途中で離脱しないコンテンツ作り

続いてのポイントは「視聴者が途中で離脱しないコンテンツ作り」です。動画を視聴するユーザーの多くが動画の途中で離脱してしまうと、その動画の質が低いとYouTube側は判断し、検索結果の表示順位が下がることがあります。

ですので、視聴者に最後まで見てもらえるような動画を作る必要があります。そのためには、人気YouTuberの動画を実際に見て参考にしてみると良いでしょう。

VSEO対策のポイント3:動画の長さ

最後のポイントは「動画の長さ」です。動画の長さが短いと、ユーザーの検索結果に表示されにくい傾向にあります。

動画を投稿するときは最低でも5分以上のコンテンツが望ましいです。

まとめ:基礎から分かるVSEO対策!押さえておくべき3つのポイント

いかがでしたか。今回の記事では「基礎から分かるVSEO対策の押さえておくべき3つのポイント」について解説していきました。

これらに気をつけるだけでも動画の視聴回数などが大きく変わっていきます。
ですので、YouTubeに動画投稿している方は是非記事内でご紹介したポイントを注意してみると良いでしょう。

お気軽にお問い合わせください