ブログ

ユーチューブ(YouTube)履歴の消し方について!関連動画にも関係する?
2020.02.03
ユーチューブ(YouTube)履歴の消し方について!関連動画にも関係する?

ユーチューブ(YouTube)で動画を見ると、閲覧履歴が残ります。
履歴などのデータから関連動画がセレクトされるのですが、家族で共用のアカウントを使っていたり、同じような動画ばかり出てくるのが嫌という場合は履歴を削除するとよいでしょう。
本記事では、ユーチューブ(YouTube)の履歴の消し方についてご紹介したいと思います。

スマホアプリから履歴を消す場合

スマホのユーチューブ(YouTube)アプリを使っている場合の履歴の消し方は、以下の手順で行います。
1.ユーチューブ(YouTube)アプリ画面上部にある虫眼鏡のマークをタップする
2.直近の履歴が表示されるので消したいものを左にスワイプして削除ボタンを選択

まとめて履歴を削除したい場合は、アカウントメニューの「設定」から操作します。
1.設定メニュー下部にある「検索履歴を削除」を選択
2.確認画面が表示されるので内容をチェックしてから「検索履歴を削除」をタップ
以上で、アプリ内のすべての履歴が削除されました。

パソコンから履歴を消す場合

パソコンのブラウザからユーチューブ(YouTube)の履歴を消す場合は、検索窓をクリックして消したいワードだけ削除するか、一括削除から方法が選べます。
一括での履歴の消し方は、
1.ページ上部のアイコンをクリックしてアカウントメニューを表示
2.メニューバーから「履歴」→「履歴タイプ:検索履歴」の順で選択
3.「全ての検索履歴を削除」を選択し、確認画面をチェックして「検索履歴を削除」をクリックして終了
以上でパソコンでも履歴がまとめて消えました。

そもそも履歴を残さない方法も

誰かのパソコンを借りてユーチューブ(YouTube)を見るときなど、初めから履歴を残したくない場合はシークレットモードを使いましょう。
ブラウザのメニューから「シークレットモード(またはプライベートモード)」を選択すると、別ウインドウが出ます。
このウインドウ内で行った動作は履歴が残らないので、わざわざ削除するのが面倒だという場合は、シークレットモードにしてユーチューブ(YouTube)を使うといいでしょう。

スマホでは、アプリのアカウントメニューに「シークレットモードをオンにする」というメニューがあります。
それをタップすれば、履歴は残りません。
オフにしたい場合はシークレットモードのアイコンをタップして無効にするだけでOKです。

まとめ:ユーチューブ(YouTube)履歴の消し方について!関連動画にも関係する?

今回は、ユーチューブ(YouTube)の履歴の消し方を端末ごとにご紹介しました。
テレビでユーチューブ(YouTube)を見るときなど、共有アカウントを使う機会は意外と多いもの。
履歴が残らないようにする方法もあるので、他人に自分の趣味を知られたくない場合でも安心してユーチューブ(YouTube)が利用できます。
今回ご紹介した方法で履歴を残さずに動画を楽しんでくださいね。

お気軽にお問い合わせください