ブログ

VSEO対策を行う際の注意点とは?~動画SEOをやる理由~
2020.02.20
VSEO対策を行う際の注意点とは?~動画SEOをやる理由~

近年のYouTubeの台頭に伴い、YouTubeのSEO対策である「VSEO対策」の重要性が高まってきています。
とはいっても、SEO対策と比べるとVSEO対策についてノウハウを持っている方は非常に少ないのが現状です。

そこで、今回の記事では「VSEO対策を行う際の注意点」や「動画SEOの重要性」について解説していきます。

動画SEOの重要性について

では早速、動画SEO(VSEO対策のこと)の重要性について考えていきましょう。
マーケティングの観点から見ると、「文章よりも動画コンテンツの方が訴求力がある」事が分かっています。

文字だけ書いてある商品・サービスの説明を読むのと、伝えたい商品やサービスの動画を見るのとではどちらが情報量が多いと思いますか?
それは後者の方で、動画であれば視覚と聴覚を使うので記憶に残りやすいからです。

それに目をつけ、動画コンテンツを発信してマーケティングに活かそうという方が増えてきています。
しかし、動画が増えるということはその分自分の投稿した動画が他の動画に埋もれてしまいやすくなります。

そうすると、視聴者がその動画コンテンツまでたどりつかなくなってしまいます。
だからこそ、VSEO対策が必要なのです。他の動画に埋もれずに、多くの視聴者に動画を視聴してもらうようにすることにVSEO対策つまり動画SEOの目的があります。

「ユーザーファースト」を徹底しよう

次に、VSEO対策を行う上での注意点について考えていきます。それを行う上で気をつけなければならないのは常に「ユーザーファースト」を徹底することです。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、YouTubeの親会社はGoogleです。Googleは日々ユーザーにとってよい情報を届けるために、検索アルゴリズムの改良を行っています。

YouTubeも全く同じで、Googleはユーザーにとって良いコンテンツを届けたいのです。だからこそ、VSEO対策の根底には「他者と差別化を図る」と同時に「ユーザーファースト」の考え方があるのです。これにそぐわないコンテンツを投稿してもGoogleは評価しませんし、それが多くのユーザーに届くこともありません。
ユーザーファーストに立って動画を作るための手段として、他の記事で説明しているような「キーワード選定」や「視聴者の途中離脱を防ぐ」といったことがあるのです。

ですから、動画を作って投稿する際は常にそれがユーザーのためになっているかを問い続けることが大切です。

VSEO対策は抽象的と言われがち?

VSEO対策を突き詰めていくとユーザー目線で対策する、ユーザーファーストで対策する等、抽象的ではないか?と言われがちです。

確かに他記事で触れているように、タグの最適化や、ハッシュタグの個数制限などはVSEO対策において非常に重要な要素です。しかし、テクニック面のみを意識してしまう事によってYouTubeの目指す方向性とかけ離れてしまう怖さがあります。

過剰なテクニックばかりを重視してしまった場合に行きつく先はペナルティですので、VSEO対策においての最大の注意点はYouTubeが目指すべき方向性をしっかり把握するという事になります。

まとめ: VSEO対策を行う際の注意点とは?~動画SEOをやる理由~

いかがでしたか?今回の記事では「VSEO対策を行う際の注意点」や「動画SEOの重要性」について解説しました。

VSEO対策とは「ユーザーファーストを徹底して、他の動画コンテンツと差別化を図る」ことだといえます。YouTubeに動画投稿している方は是非この考え方を徹底して、動画投稿していくと良いでしょう。

お気軽にお問い合わせください